category:

田邊優貴子の研究と旅「そんな極地に魅せられて」その2

ATP_6257

南極や北極を舞台に極地における生態学を研究されている

フィールドワーカーの田邊優貴子さんとの突撃!雑談インタビューの第二回です。

そもそも何故故に極地での研究をすることになったのか?

を存分に御話いただきました。

 

(文章・写真=池ノ谷英郎/聞き手=山本喜昭)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

山本>

以前お会いした時にも伺った話なので

重複するかもしれませんが、

そもそもなぜ極地に足を運ぶようになったんですか?

 

 

田邊>

最初のきっかけは小学校で見たテレビなんですけど、

それははっきり言ってしばらく忘れていたんです。

 

 

山本>

それはどこの映像だったんですか?

 

DSC_0085

田邊>

アラスカのオーロラとか氷河とかグリズリーとかが映っていて

「わーっ!なんだこれ~!」

って思ったんです。

子供ながらに初めてすごい世界が

広がった気がした映像で、

「行ってみたいな~」

と思っていたんですけど

その時は行けるわけもなく。

で、それからすっかり忘れていました。

高校生くらいになると進路のこととか

考え始めるじゃないですか。

とりあえず理系の科目が得意だったし、

いろいろ観察したり考えたりするのも

好きだったので研究者になりたいなって

思っていたんですけど、

漠然とそれだけでどういう分野でとかは思っていなくて。

それで大学に入ってすごく自由を…

 

 

山本>

自由を謳歌した(笑)

 

 

田邊>

自由を謳歌しちゃったんです(笑)

 

 

山本>

京都の大学なんですよね。

 

 

田邊>

はい。京都でアルバイトばっかりして休みになると

バックパックを背負って世界中を旅していたんです。

 

 

山本>

1人旅だったんですか?

 

 

田邊>

1人の時もあれば高校の時の親友がいて

彼女と現地合流したりして一緒に旅することもあったり。

最初に行ったのがペルーとボリビアだったんですけど、

そこに行って2人で「インカ帝国だ!!」って騒いだり(笑)。

人種も違えば昔の遺跡もすごいし街並みもすごいし、

日々、いろんな面白いことがあって。

 

DSC_0083

山本>

刺激の連続ですよね。

 

 

田邊>

そう、あっという間に1ヶ月が過ぎて、

最後の最後にチチカカ湖

(ペルーとボリビアの間にある標高3,800mの湖)

に行って、夜は現地の民家に泊まらせて

もらっていたんですけど、

 

 

山本>

それはいきなり「田舎に泊まろう」的に…?(笑)

 

 

田邊>

いえ(笑)

仲介する現地のインディヘナ(先住民)の人たちがいて、

泊まらせてくれる民家を紹介してくれるんです。

たぶんあれも観光資源として稼ぎになっているんだと思います。

 

 

山本>

ビジネスとして成り立っているんですね。

 

 

田邊>

で、泊まったんですけど、湖に浮かぶ島で

しかも標高3,800mで、電気も通ってないんですよ。

街も周りに無い所で蝋燭暮らしなんですけど、

ある夜に泊まらせてもらった家のご主人が

「今日、丘の方でお祭りやっているから見に行ったらどう?」

って言ってくれたので、

「じゃ、行くか」って

蝋燭を持って外に出て、

蝋燭を吹き消した瞬間の星空がすごかったんですよ。

 

 

山本>

おお~。

 

DSC_0104

田邊>

なんか平衡感覚が無くなるくらい真っ暗な中に

満天の星空があって

「わぁ!」となって、

お祭りを忘れて2時間ただ…

 

 

山本>

空を見ていたんですか(笑)

 

 

田邊>

空を見ていたんです、寝っ転がって(笑)

すごい刺激を受けた1ヶ月だったのに、

最終的に圧倒的に感動したのがその星空だったんですね。

だから

「自分はそういう人間なんだ。人工物とか歴史もすごいけれど、

圧倒的な自然に惹かれる人間なんだな」

ってはっきりとそこで意識して、

そのうちカナダに行ったりノルウェーの北の方に行ったり、

すごく自然寄りな…

 

 

山本>

はいはいはい、人のいない方にね(笑)

 

 

田邊>

人のいない方にだんだん行って

旅をして大学3年が過ぎ、4年に上がる時も

周りが普通に就職活動を始める人がいたり、

理系だったので研究室に配属されて大学院進学を考える人が

いたりという頃だったんですけど、

「なんかこのまますんなり行っちゃいけないな」

と思って1年休学したんですよ。

そのとき思い出したのが小さい頃に見た

アラスカの映像だったんです。

で、お金を貯めて、まだ行っていないアラスカに行こうと。

 

 

 

山本>

「あー、そう言えば」って?

 

DSC_0084

田邊>

「そう言えば、行ってないぞ」って。

それで冬のアラスカに行ったんですけど、

「この世界はすごい!今まで旅していたところとは全然違う!」

ってなってそのまま京都に戻ったんですけど、

かと言ってすぐアラスカの研究分野にしたいと言っても…

 

 

山本>

「何を研究すんねん!」って感じですね(笑)

 

 

田邊>

そう!(笑)

できなくて悶々とした日々を過ごして大学院に進学して、

またアラスカに今度は夏から秋にかけて行ったんです。

 

 

山本>

またバックパックで?

 

 

田邊>

バックパックです。

で、カヤックで氷河を旅してみたり、

デナリの辺りに入ってツンドラの中を歩き回ったりして、

「あ、やっぱりもうこの世界だ」って。

 

 

山本>

ここしかない!と二度目で確信したんですね。

 

DSC_0098

田邊>

二度目で確信しました。

空間の広がりとかスケールもすごいし、

生き物たちが夏のある時期に一瞬という時間の中で

バッと命を燃やして、秋になると枯れていって、

そして冬が長くて…っていう命を凝縮した様が

すごいなと思ったのと、

あと空気の透明感を感じて、この感じは

もう言葉では説明できないなって思ったんです。

それで帰ってから

「北極とかあっちの方の研究をしよう」

と思って探して、行き当たったのが極地研(国立極地研究所)

だったんです(笑)

 

 

山本>

そうなんですね(笑)

 

 

田邊>

極地研は研究所なんですけど大学院生も受け入れていて、

「極地研の大学院に行けばもう北極に行き放題だ!」

と思って(笑)

 

 

山本>

しめた!と(笑)

 

 

田邊>

しめた!これはすごい!と思って極地研を訪ねにきて、

話を聴いていたら

「北極はいろいろされているから(人がやっているから)、

南極の方が何もされてなくて面白いよ!」って言われて、

初めてそこで南極を意識したんです。

博士論文では南極をテーマにしようと思って

南極の研究が始まりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その3につづきます。

田邊さんとの雑談はまだまだ続きますよ〜

第一回はコチラ↓↓↓↓↓

田邊優貴子の研究と旅「そんな極地に魅せられて」その1

 

http://docue.net/archives/contents/yukikotanabe_1

 

 

 

◇田邊優貴子さんのプロフィール◇

http://docue.net/archives/extremer/yukikotanabe

 

 

<公式ページ>

 http://yukikotanabe-online.webnode.jp/

 

 

 

田邊さんへの応援やメッセージはこちらにどうぞ。

 info@cael-utd.com

冒険スポーツマガジン ドキュウ! 編集部宛

いただいたメッセージは大切に読ませていただきます。

おもしろいメッセージはサイト内でご紹介いたします!