category: |

レッドブルエアレース 2014 密着日記〜イギリス篇〜

 

エクストリームスポーツ選手を追って世界を飛び回る映像作家の野澤邦男さん。

 

 

 

エアロバティクスパイロット室屋義秀さんを7年近く追っている野澤さんが綴るレッドブルエアレース2014での帯同記四回目。

 

 

———-

イギリス戦(8月16日、17日)

 

 

1

(アスコット競馬場)

 

イギリスのアスコットにある格式の高い競馬場。かつてはエリザベス女王も訪れた場所である。

広さは通常の競馬場より数倍大きく、ゴルフコースと隣接している。

 

イギリスからは2名のパイロットが参加している。

2010年のチャンピオン、ポール・ボノム。

そしてマレーシアで初の1位表彰台に上がったナイジェル・ラム。

ふたりの地元選手を迎えて会場は大盛り上がり、チケットは両日とも完売。

計7万人近くの観客が足を運んだ。

 

2

 

 

 

 

 

 

 

(ファンのサインに応えるナイジェル・ラム(中央)

 

その期待を背負ってホームグラウンドで戦う1戦はプレッシャーで押しつぶされそうに違いない。

今回のレースは大波乱だった。ふたりの地元ベテランパイロットがあわやトップ12で

外れるところであった。

ボノムが7位、ラムが8位でギリギリスーパー8に駒を進めた。

 

イギリス特有の曇りで雨の降りがちな天候がレース会場を襲った。

気温は夏だというのに低く、日中でも25度に達しない日々が続いた。

 

だがこれは機体にとっては好都合、オーバーヒートを避けてマシーンパワーが引き出せるからだ。

予選日、レース日の両日とも雨が降り注ぎ、風が吹き荒れた。

パイロンは大きく左右に揺さぶられ、風によりパイロンがダウンする場面もしばし見れた。

3

 

 

 

 

 

 

 

(室屋パイロットの機体から見た会場)

 

コースも特有で、コース上には木々が生い茂り、

トラック上では木を交わしてコース取りを余儀なくされていた。

 

時には機体と木の距離が1m 近くまで迫る場面も見受けられた。

しかし誰もがトップパイロットらしく、木に触れる事は一度たりとも無かった。

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

(会場に設置されたコースと観客)

 

3回のターニング・マニューバ(180度の旋回)があり

誰よりも早く飛んでいたのは室屋義秀選手である。

トップ12ではマシーンが1世代前というハンデを物ともしない同等の6位に付けた。

しかし、その後のトップ8で水平飛行を早めに行ってしまい2秒のペナルティーでファイナル4を逃した。

このペナルティーがなければ2位に付ける好成績だった為に、悔やまれる。

 

だが室屋選手の研究熱心さには目を見張るものがある。

コース取りを他の選手とビデオで比較して研究している。そして自分のフライトをコマ送りして確認する。

毎回、欠かさずそれを行っている。

 

フライトシュミレーターを使っているはずのハンネスは大荒れだった。

コース取りを間違えたり、スモークの出し忘れやペナルティーを犯したりとこれまで見た事が無いくらい崩れていた。

 

最終的に勝負を制したのは、地元ボノム(1位)とラム(2位)のワンツーフィニッシュ。

スーパー8での7位、8位からの劇的勝利である。

そして、3位は今季初の表彰台をゲットしたニコラ・イワノフ(フランス)で終わった。

5

 

 

 

 

 

 

 

(フライトに向かうチーム、カービー・チャンブリス)

 

これまでトップ争いを繰り広げていたオーストリアのハンネス・アルヒ(現在1位)と

カナダのピート・マクリード(現在2位)は共にミスが重なりファイナル4から外れてしまう。

 

エアレースは3次元のモータースポーツ。

風、雨、気温、地形、様々な要素を考慮して選手達は飛び方を変えなければならない。

 

次戦はぐっと気温が高くなるダラス、テキサス。

更に標高も700m近くと高いので空気が薄く、エンジンのパワーが出にくい。

また一波乱がありそうな予感がする。

 

次回のレポートをお楽しみに。

 

チーム室屋 ハイライト映像

https://www.youtube.com/watch?v=kZNC6mSKWWk&list=UUoeLHQ4FQlfcvoeUmGrN8Pw

 

———

これまでの帯同記はコチラ↓↓↓

クロアチア篇 http://docue.net/archives/contents/rbar2014croatia

マレーシア篇 http://docue.net/archives/contents/rbar2014malaysia

ポーランド篇 http://docue.net/archives/contents/rbar2014poland

 

<室屋義秀>

公式サイト:http://www.yoshi-muroya.jp

ブログ:http://muroya31.blogspot.jp

facebook:https://www.facebook.com/pages/Yoshihide-Muroya/65642803563

twitter:https://twitter.com/Yoshi_MUROYA

YOUTUBE:https://www.youtube.com/user/YoshihideMuroya