category:

北の山から 〜 水澤直人の道産子トレイル通信 〜VOL.2

IMG_0423みなさまこんには!

道産子トレイルランナー水澤です。

連載2回目はトレイルランニングレースにおいて

ショートディスタンス(10K〜30K)に特化して

走る理由について書いてみたいと思います。

2008年よりロードからトレイルランニングに転向し

色々なレースに参戦してきて自分の持っている能力を最大限に発揮できるのが

ショートディスタンスだからというのが1番の理由です。

しかしその他にもまだあります!

これから書くものは自分の考え方や想いですので

聞き流して頂いても大丈夫です(笑)

IMG_0351

クロスカントリースキーでオリンピックに出場している選手、

もしくは日本トップクラスで活躍している選手、

富士登山駅伝で上位に入る自衛官の方々は比較的ショートディスタンスに参戦するので

同じレースに出て勝負することが自分自身モチベーションが上がり

ワクワク感が半端ないです(笑)

そしてショートディスタンスは1時間〜3時間前後で走り終わるので

待っている家族を飽きさせないこと、

時間に余裕ができて観光することができることも素晴らしいです。

レース中は全力で苦しいし、ゴールしてクタクタになるけど

身体の披露がロングレースよりも少ないので連戦することが可能なこと、

ショートディスタンスならではの感じじるスピード感や爽快感、

勝負する楽しさを1人でも多くの方に伝わるように、

2015年自分自身のワクワク大作戦が今、

北の大地北海道でもうすぐ始まります!

引き続き応援よろしくお願いします。

道産子トレイルランナー       水澤直人