category: |

高繁勝彦「アドヴェンチャー・ランナーは荒野を駆ける アメリカ横断篇」〜はじめに〜

131156199_org.v1334784144

PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅。

よよ、よんまんきろ???

世界中を平和のために走る。

しかも、たった1人で。

旅の装備はすべてバギーに乗せて押しながら走る。

 

ぱっと聴いただけでは、そのスケール感は中々つかめない。

「あほちゃうか?」

と思う様なことを真剣に取り組んでいる男。

 

アドヴェンチャーランナー 高繁勝彦。

 

高校教師を辞職し、50代で冒険家デビューした。

2010年の日本縦断。

2011年のアメリカ横断。

2012年、東北の被災地をまわり、再び日本縦断。

2014年のオーストラリア横断。

そして現在ニュージーランド縦断を終えてまだまだニュージーランドを激走中。

 

そんな一人のおっさん、いや男が冒険の旅で、一体何を考え、何を感じてどんな体験をしてきたのか。

ド級!では、1人の冒険家の旅の記録のエッセイを

2011年のアメリカ横断5000キロの旅まで巻き戻って

お届けします。

ご本人のから承諾を得て、すでに書かれたエッセイの転載となりますが、

知ってる人は振り返ってもらって、

誰それ?何者??って人は新鮮な気持ちで

ぜひご覧ください。

まずはお知らせまで。

 

PEACE RUN 世界五大陸4万キロランニングの旅公式ページ

http://www.peace-run.jp/

 

 

 

 

ド級! 発行人 山本喜昭